ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

自営業って思ったより大変。

f:id:jzc01651:20220314181730j:plain


今から4~5年くらい前の話です。
当時は化粧品の卸売り販売を自営業として行っておりました。
法人ではなかったということもあり、収支がけっこう曖昧になってしまうのです。
数字上は利益が出ていても、よくよく計算してみると、赤字になっていたのです。

収支決算なんて行いませんので、毎日ダラダラ過ごしていたある日、ついにその日が来ました。資金が尽きてしまったのです。それまでなんとなく貯金を切り崩していました、お金がどっかにあるのでは?と現実逃避していたのですね。
気が付いた時にはもう遅い。貧乏生活の始まりです。

お金が無いので、仕方なく食費を下げざるをえません。
よって、外食は一切禁止にしてすべて自炊。買物もなるべく控えて
食材は所謂「おつとめ品」という消費期限ギリギリの食材と、もやしが安かったので、ひたすらもやしを使った料理に変更。調味料はすべて100円均一の物。
賃貸に住んでいたのですが、家賃が支払えないので親にすがりつく有様
これでなんとか1ヶ月を過ごすことができたのですが、どん底はここからです。

安い調味料がいけなかったみたいで(安い調味料は化学添加物で作った偽物が多い)喘息を発症しました。喘息発症しても病院に行けません。お金が無いから。
しばらく様子見をしていましたが咳が酷く夜も眠れなくなり、どうにもならなくなってついに病院へ行く事になりました。病院の先生から「喘息ですね」と告げられ「酷いから入院した方が良いよ」と言われて困り果てました。
入院するお金ないんです。先生に事情を説明し在宅での治療を開始する事になりました。原因も解ってきて喘息の症状もおちついてきましたが、それでもお金の問題は解決しません。

いくら支出を減らしても収入が増えなければ意味がないのです。
収入が増えるように営業とか駅前でチラシを配ったりしましたがまったく成果無し。借金が膨らむばかりになってしまい。ここらが限界と悟りました。
「自営をあきらめるしかない」解っていましたがそこから目を背けていたのです。そこからは就職活動の日々でしたが、これも巧くは行きませんでした。

なんとか就職しましたが、ここが絵に描いたようなブラック企業。
就労時間がとても長く疲労困憊の日々。時給換算で500円切ってました。
でも辞めたらまた一文無しになってしまうので、簡単に決断できません。
そんな時、自営業の時のお客さんの知り合いが従業員を募集していることを聞き
応募。即入社が決まり。やっと抜け出す事ができました。
安易に始めた自営業(自営業のすべてを否定しているわけではありません)
そこから始まる貧乏。抜け出すまで2年以上かかりました。
人生設計は計画的に。これが教訓となりました。



節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村