ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

貧乏

うつ病になりカツカツの貧乏な生活へ

私の貧乏体験についてお話ししたいと思います。 まず、なぜ私が貧乏な生活に陥ってしまったのか、ということからお話ししたいと思います。 その当時、私は地方都市で一人暮らしをしながら生活をしていました。 職業は、ジュエリー販売員として百貨店に勤務し…

派遣の契約更新がなく生活が成り立たなくなりました。

学生の頃の先輩たちはちょうどバブルの絶頂でたくさんの企業から好条件で内定をもらっていました。 正直いってさほど勉強をしている様子もなく、サークル活動やバイトに明け暮れていたのに、なぜ有名な会社からの引き合いがあるのか不思議なくらいでした。 …

副業して身を粉にして働いてますが貧乏です。

私の家族は4人家族です。私立の小学校に通っている息子と公立の中学校に通っている娘がいます。 私立の小学校の毎月の授業料が大変高くて共働きをしていますが働いても働いても追いつきません。 娘は中学校は公立に行っていますので公立と私立の授業料の金額…

貧乏で高校進学を諦め就職を希望したあの日

私は、シングルマザーの元で育ちました。定職になかなか就かない母親はシングルマザーで頑張ろうというタイプではなく、いわゆるどうにかなる、誰かが助けれてくれるだろうというようなタイプの人だったため、当然我が家は貧乏な生活を余儀なくされました。 …

自営業って思ったより大変。

今から4~5年くらい前の話です。当時は化粧品の卸売り販売を自営業として行っておりました。法人ではなかったということもあり、収支がけっこう曖昧になってしまうのです。数字上は利益が出ていても、よくよく計算してみると、赤字になっていたのです。収…

100円でも高価に思える、貧乏な生活

私は50代の女性です。結構前から貧乏な生活をしています。 最初は貧乏な生活を楽しんでいたのですが、今は楽しみの範疇を超えてしまってきています。 例えば下着は10年くらい買っていません。 さすがに病院などに運ばれたらまずいだろ言うということで、…

交通事故で父親のいない家族となって貧乏な生活になりました。

私の家族は4人で団地で暮らしていました。私が幼稚園だった時に、父親が交通事故で亡くなってしまいました。私はまだ何が起きたのかよく理解できずにただ泣いていました。母には、お父さんにもう会えないんだよと聞かされていました。それからは、母と3つ上…

貧乏な子供の頃のお弁当とバーベキューの思い出

私は子供の頃は家が大変貧しくて、子供ながらに悲しい思いを沢山して育ちました。家が貧しかったことも辛い思い出ですが、それ以上に親や祖父母が貧しく暮らすことに対してあまり抵抗を持っておらず、そのため、子供にも貧しい生活を平気で要求するので、周…

転職して安月給となった為車のローンで苦労してます。

私が住む場所は電車やバスがあまりない、田舎となっています。そのため、車を持たないという人はほとんどいません。高校を卒業したら、運転免許を取得して車を買うのが常識となっているような場所です。 当然のように車を購入しないと仕事も生活も出来ません…

貧乏で就活の交通費さえ足りなくなりそうでした。

よく聞く奨学金問題、40代や50代でも奨学金の返済に追われている記事を目にするたびに、自分の灰色の貧乏な学生時代を思い出します。高校3年生で私立大学の推薦入試に合格したのに3日後に父が仕事を辞めたことを母から知らされました。当時父は54歳、母は4…

貧乏にジッと耐えた日々

私の父親は北海道で塗装業をしていました。塗装業をしていると、周囲からは職人だから稼ぎが良いと思われますが、そんな事はないのです。北海道では、冬になると塗装業はほとんど仕事がありません。出稼ぎに行ける人は良いのですが、私の父親のように行けな…

食べ物の大切さを学べた貧乏体験は、今では私の宝物です。

今年で34歳になる、会社員です。もう今から20数年前の話になりますが、私の実家は昔からとても貧乏な家でした。 原因は、父が生活費を入れずに飲み屋で全て使っていたことです。当時から毎週2回から3回は飲みに行っていた記憶がありますが、1回につきどれく…

大学生の頃はご飯が買えず駄菓子を購入して生き延びていました。

親の反対を押し切って、上京して大学に進学しました。親は、地元の大学に進学して家の商売を継いでもらいたいと思っていたようです。 ですが、私は自分の夢を諦めることができず、勝手に受験する大学を決めて引っ越しまでしてしまいました。そのため、親は激…

美大を受験する為新宿に古い宿を借りておじさん達と過ごしました。

高校3年の夏、美大を受験するため、上京してきました。まずは、夏休みの夏期講習、そのまま2学期に帰らず高校はお休みして、予備校生と一緒に講習を受けさせてもらい、受験に突入の予定できました。 長丁場になるホテル暮らし、絵の具やキャンバスも高価で…

失業中食費や水道光熱費をできるだけ切り詰めていました

私の貧乏体験は失業中で、なかなか仕事が決まらなかった時はかなり大変な生活を送っていました。 食費もできるだけ切り詰め、一時期は1ヶ月2千円で切り抜けたこともあります。 食費の中でも意外とかかってしまうものが調味料です。 そのため、調味料もでき…

絵描きを目指して昼はテレホンアポインター、夜はスナックのバイトとかけもちでした。

私は絵描きを目指して上京してきました。 絵を描くスペースが必要なため、普通の女の子が住むような可愛いワンルームには住めず、築年数が長いボロボロの日の当たらない借家を借りて住んでいました。 油絵の具は、高価なものなので、普通のアルバイトでは生…

会社を退職し、今は失業保険と貯金で生活しています。

私は20歳女で、高校を卒業してから2年3ヶ月間働いた会社を退職し、今は失業保険と貯金で生活しています。 4月から一人暮らしを始めたため、家賃などの生活費を払わなくてはならなくなりました。収入よりも出費の方が多いため、貯金がどんどん少なくなってき…

高校生の時のスケートの不参加と文化祭の服で笑われたのは辛かったです。

我が家の貧乏は私が生まれる少し前に父と長兄が病気になったことで絶対的になりました。田舎の専業主婦で私を妊娠中の母は収入を得る手段もなく、もともと安月給で働いていた父にも貯金や補償もありません。 ただ父も長兄ももうお医者さんからダメだと言われ…

貧乏に泣く毎日

現在、貧乏ど真ん中です。 一人暮らしの義母がけがをしたので、夫の実家に帰ってきました。 そしてびっくり。 仕事がないのです。 私は車を運転しないので、バスで通勤するつもりでした。 でも、バスは1日3本。市の中心地に行くバスは8時半に1本で、帰りは10…

夫が突然仕事に行かなくなる事態が数年おきにやってきます。

40代夫が浪費家。しかも失職癖があり、たびたび失職します。 1年~3年くらい仕事が続いたと思ったら、ふと仕事に行かなくなってしまうんです。 原因は「正社員になれたけど、正社員になった途端残業やイジメが増えて嫌になった」とか、「ぜんぜん休みをもら…

2年間の貧乏体験記

貧乏と聞いてどんなことを思い浮かびますか。それは、金銭的な面であったり精神的な理由で貧乏と感じてまうことがあるのです。とりわけお金が無いと貧乏だなと思ってしまうとがありますよね。前置きが長くなりましたが、私が経験した2年間の貧乏生活の体験談…

忘れない貧乏体験!今でも脳裏に焼き付く

貧乏な家庭に生まれた私は、とにかく、毎日の生活が大変で仕方ありませんでした。「お金持ちの家庭に生まれたかったなあ」と毎日思っていたのです。父親がいなかったわけではありませんが、病気がちなこともあり、思うように稼ぐことができずにいました。そ…

貧乏だった頃は恥やプライドすらも捨て端材や廃棄を貰う日々

私が高校生の頃に両親が離婚しました。理由は父の浮気であり、私は当然の様に母に付いて家を出ました。シングルマザーとなった母はそれまで専業主婦だったのですが近所のスーパーでパートを始め、私も母の負担を少しでも減らしたいと老人ホーム厨房内での調…

新聞配達をして学生ローンを組んで、専門学校の学費を工面しました。

私は現在会社員ですが、高校を卒業した後、親の反対を説得して放送系の専門学校へ進学しました。その際「自分のやりたいことをするんだから、ここから先はお金は出さない」と父に言われ、学生ローンを組んで、借金して学費を工面しました。なので、新聞配達…

究極の貧乏を体験した若い日

私は大学の時付き合っていた彼の影響で競馬が趣味だった時期があります。今はもう足を洗っていますが社会人になり自由になるお金が増えたこと、最初の配属先が地方で友達も知り合いもいない一人暮らしのスタートで寂しかったことなど複合要因も重なっていた…

3つ100円のインスタントラーメンを3食毎日食べていました。

私が小学校3年生のとき、父が商売を始めました。ラーメン屋です。それまでは商社で営業職でした。どんな商社だったかは覚えていません。 毎日帰りが遅かったのと私がまだ10歳にもならなかったころなので仕事の話はあまり聞けませんでした。 母はそれまで…

私が貧乏だと感じた時

私は衣食住が事足りていないと、かなり貧乏だと感じてしまいます。特に住に関して、寝る場所がないと、気持ちまで貧相になってしまいます。 私は今まで寝る場所が無くなるようなことが何度かありました。最初にその経験をしたのは、大地震に遭った時でした。…

2人の子供の教育費の捻出に苦労しています。

大学生の子供が二人いますが、教育費の捻出に苦労しています。子供が中学生までは、将来の年収増を見込んで旅行に行ったりして、多少余裕のある暮らしをしていましたが、東日本大震災で夫の会社の業績が悪化して、収入増どころか大きく減ってしまいました。…

貧乏なため友達と遊べなかった専門学校時代

私は高校に通っていた時、先生に大学に行ったらどうかと勧められたのですが、実家の経済的な状況を考えて、実家から遠く離れた場所にある会社に就職しました。でも実際に働き始めると、大学や専門学校に進学した友達の話を聞いたり、周りの学生たちが楽しそ…

冬なのにコートのない貧乏生活

私が小さい頃は家がとても貧乏で、とにかくその日やっと食べていくという感じでした。父は健康でしたが人の下で働くことが嫌いで、会社に勤めてもすぐに辞めてしまい、定職がなくて常にお金に困っていたのです。我が家は4人家族でしたが、3Kの団地住まいで、…