ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

一度は諦めた野球で食っていく道

       f:id:jzc01651:20201025140850p:plain


私は大学3年生の時に大学を中退しました。

野球のスポーツ推薦で入学した大学でしたが試合中に肘の靭帯を切ってしまい、選手としてもう本格的にプレーできないことやその怪我が原因でスポーツ推薦の審査対象から外れてしまい、学費の援助が受けられなくなったことが中退の原因でした。

 大学を辞め、地元に戻ることにしたのですが学生気分は抜けず、すぐに働こうとは思わず、新たな目標も見つかりませんでした。

とりあえずアルバイトをすることにしましたが、それも特に目的があって始めたのではなくただ「何もしていないからとりあえず」という理由からでした。

アルバイト先はコンビニ。

学生時代に経験があったので続きはしましたが、あの頃は人生において先のことなど何も考えることができずになんとなく毎日を過ごしていたと思います。

 アルバイトを始めて1年ぐらい経った頃、通っていたジムで高校野球部の栄養士をしている方のスポーツ栄養セミナーがありました。

大学時代に学んだスポーツ栄養学の講義が面白かったことから僅かながら興味があったので参加してみることにしました。

そのセミナーでは、高校野球のチームでも強豪校と言われている学校には専任の栄養士やトレーナーがいること、その人達も指導スタッフとして一丸となって甲子園を目指していること、そして選手としてではなくても野球で食べていける道があることを知りました。

これまで野球をやっていてトレーナーなどの存在がいることはなんとなく分かっていたはずでしたが仕事として見ていなかった自分がいました。

このセミナーは自分にとって新たな道標となったことは言うまでもありません。


 このセミナーを受けてその日の夜。

両親に「また野球に関わりたい。だから今度は選手を支える立場として野球で生計を立てていきたい」と伝えました。

今まで抜け殻のようになりながらアルバイトをただ何となく続けていた自分が新しい目標を見つけたのが嬉しかったからか両親は快く承諾してくれました。

 目標を決めたら次は具体的にどのように進んでいくかが問題でした。

再び大学へ進学するのか、それとも資格を取るために専門学校へ行くのか、悩んでいた中でセミナーの講師の方の母校である専門学校の資料を取り寄せました。

その学校はスポーツ指導の資格を取得することを目標にしながら、同じ経営母体のスポーツジムでインストラクターとして実務経験が積めるという所でした。

その入学資料を読んですぐさま入学することを決めてしまっていました。

 大学の資料も取り寄せつつ大学へ進学することも考えましたが、専門学校では大学編入の道もあることを知り、まずはスポーツ業界の経験が欲しいと思い、専門学校の方へ入学しました。

年齢の離れた人達と仲良くやっていけるのか心配になりましたが。いざ入学してみるとそこには子育てをしながら学びにきている主婦の方や会社を経営しながら資格を取りにきている人、そして50歳にして脱サラをしてスポーツ業界に挑戦しようと思い切った決断をした人など様々なバックグラウンドを持つ人が集まっており、ここで私は「人生やり直すことはいくつになっても可能なんだな」と学ばされました。

 しかし、それでも気になってしまう年齢の問題。

まだ20代ではありましたが、「本当に未経験から職歴のない自分を雇ってくれる会社などあるのだろうか?」と不安になることもありました。

そんな時にその学校の先生で36歳から学校に通い始め、現在でも大学院の学生として大学に通いながら専門学校の講師をしている先生に「この年でまだ学生をやっていてもいいのか不安で…」と悩みを打ち明けたところ、「今が一番若いんだから!今挑戦しなくていつ挑戦するの?それともこのまま諦めて後悔しながら死ぬまで生きるの?そんなの嫌でしょ?だからやりなさい。」といってもらい今でもこの言葉が自分の支えになっています。

 学校生活を一旦終了し、現在私はアルバイトではありますが土日に高校野球のコーチをしています。

今後は教員免許等を取得することも踏まえて大学への進学も考えているので、選手として野球を諦めたところから始まった私の挑戦はもう少し続きそうです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング