ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

ゴミの投棄場所になりたくないというお話

f:id:jzc01651:20191215163303j:plain


私のトラブルによる苦労話ですが、自治体の婦人の集まりにて、ゴミの投棄場所を再度検討することになりまして、ゴミの投棄場所を私の家の前の垣根あたりにしたらどうかということでトラブルになった経験があります。

まず、このゴミの投棄場所と指定されるお話ですが、ゴミの投棄場所になれば月額で5000円もらえるという決まりがあるんですが、それでもやりたくはないです。

理由は単純でそのエリアのごみを引き受けるわけですから臭いが発生しますし、きちんと分別されていないごみが投棄されていた場合、そのごみは取り残され回収されません。

回収されないごみの始末をするのが投棄場所に設定されている家の住人となりますので言ってしまえば5000円支払ってもやりたくない仕事というわけです。

このゴミの投棄場所で我が家は揉めまくりました。まず、周囲の住民は自分の家の前をゴミ捨て場にしたくないんです。

このことについては多分、他のエリアに住んでいる方も同じかと、で、みな誰もやりたくないので気が弱そうな人物、つまり私に押し付けようとしたんでしょうが私が断ったのでもめるにもめたというわけです。

ですが私としてはメリットがないというのが一つの理由でたった5000円の支払いで第3者が投棄したごみを好き好んで分別したいかということです。

このポイントがこちら側の脅しのポイントにもなりまして、つまり自治会でこう言えたわけです。

別にたったの5000円でゴミ捨て場として機能してあげてもよいけど徹底的に個人情報を公開するよということを自治会で言ってやりました。

つまり、回収できそうにないごみを捨てていた場合、そのごみすべてをチェックして個人情報となる情報を入手し、その情報を公開しどこの誰がこんなごみを捨ててたと周り中に言いふらすということをこちら側が提示したわけです。

というかそれ位しないとゴミ捨て場としてだれが自分の家の前を貸し出すのかというお話です。

それだったら、自治会長さんがゴミ捨て場になれよという意見が横行し初めまして、最終的に私の家の前をゴミ捨て場としなくてよくなりましたが自治会長さんからしてみれば面白くないことでしょうね。

ゴミ捨て場に自分の家がならないことで嫌がらせみたいなものを受けたこともありますし、結局の所、5000円で回りの家庭から出るごみを引き受けたい人なんていないというお話でそれを回避する方法が個人情報をひたすら公開しまくるという方法であったというだけのお話です。

ちなみに嫌がらせは嫌がらせをしている人物の録音テープをもっていますので現在弁護士に相談しております。

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング