ヒロニャン情報局

節約、子育て等に関する情報を投稿してます。

マスカレード・ホテルは安心して見れる映画です。

f:id:jzc01651:20190224203259j:plain


この映画は一流ホテルであるホテル・コルテシア東京が舞台です。

ベテランフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)は支配人藤木(石橋凌)の言葉に困惑します。

その理由は都内で3件の連続殺人事件が起こり、次の犯行がこのホテルで行われると言われたからです。

その為山岸にフロントに潜入する捜査官の指導、補助を頼みたいとのこと。

連続殺人事件すべての現場で不可解な数字が不規則に並べられていて、エリート刑事である警視庁の新田(木村拓哉)は、その数字の羅列が犯行現場示すと推理して、4番目の犯行現場がコルテシア東京ということを突き止めるのです。

ですが、この時点で犯人の手掛かりは何もないのです。その為捜査対象は、ホテルに宿泊してる利用者全員でそれで捜査協力しろというので山岸の困惑も仕方がないことです。

新田につく指導係が一流ホテルマンの山岸になり、犯人逮捕を優先に考える新田は宿泊客の仮面はがそうと奮闘しますが、ホテルマンとしてお客優先としてる山岸なので、ことあるごとぶつかるのです。

こうして始め息が合わなくてパートナーとして平気かと心配な面がありましたが、一緒にいる時間が長くなるにつれ、お互いプロとして価値を分かち合うようになるのです。

次の犯行はこのホテルと推測されるが、容疑者も次のターゲットも不明で困難極まりない状況にどう立ち向かうのか?

そして事件は急展開して、警察、ホテルは顔見えない犯人により徐々に追い込まれていきます。

立場、性格が違う2人が偽装した犯人をどう見破ってくのでしょうか?

そして、2人がどう助けあって、犯人を追い詰めるのかに注目です。

マスカレードホテルのマスカレードとは仮面舞踏会という意味でホテルに来る客も従業員もまた犯人も「仮面」を被っているという意味でタイトルになっています。

新田、山岸は次々現れる怪しい客の対応をしつつ真実を解明するというストーリーからとても目が離せません。

そして、犯人が誰なのか?意外な人物は間違いないですが、いろいろな出来事が伏線になる面白さ、怪しいと思った方は数知れずですが、犯人、動機すべてぴたりとあてるのは至難の業でしょう。

それは犯人が巧みなトリックを仕掛けてるからです。

そして、この事件はある意味ホテルならではの事件といえるのですが、驚いたり、感心したり、自分ならどうするだろうかといったことを少し考えさせられます。

事件に巻き込まれてとんでもない目にあった新田、尚美ですが、ラストは2人の関係に注目します。

豪華キャストの共演で初日から7日間ですでに観客動員数100万人を突破したそうです。

スポンサーリンク

GEEK JOB

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

政治ランキング