ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

スーパーで見た老女の万引き

              f:id:jzc01651:20220131181356j:plain


私は、40代の主婦である会社でパートをしています。
4時30分に仕事が終わると、家に帰るか、スーパーで買い物をする日々です。
ある日、パン作りに必要なイーストパウダーを購入しようと、帰り道にある1軒のスーパーへ立ち寄ります。

有名な大型スーパーになり、多くの買い物客で賑わう店舗です。
私は、この施設が好きで天ぷら、パン、お惣菜、ドリンク販売の場所が大のお気に入りです。
いろいろな商品を見ながら、選んで購入するのが楽しみになります。

私は、いつものように店内を歩きながら欲しい商品を探していた時です。
「粉商品」が多く販売されているコーナーへ行くと、一人の女性がいます。
年齢は、70歳を過ぎている感じの高齢者でカートを押しています。

私は、趣味でパンを作るのが好きなので強力粉、イーストパウダーを購入しようとした時です。
70歳以上のお婆さんが、小さめの「グラニュー糖」を手提げ袋の中へ入れました。

いわゆる「万引き」をした瞬間になります。
私は、「あっ」と、思いお婆さんの顔を見ました。
すると、お婆さんは何もなかったような顔をしているのです。

そして、お婆さんは、その場から移動すると今度は缶詰が置いてあるコーナーへ行きます。
私は、お婆さんが気になり後を付けるように缶詰のコーナーへ。

すると、お婆さんは、缶詰を手に取ると手提げ袋の中に再び入れます。
今度は、2個も万引きしてしまいました。
万引きの瞬間を私は、見てショックと「どうすればいいのだろうか?」と考えたものです。

その後、私はお婆さんの後を追うように、レジへ向かいます。
お婆さんの2人後ろに並び、レジの店員に見た事を話すべきか悩みました。
お婆さんが精算されている時、レジの店員は万引きの事実は知りません。

レジの順番が私に来た時、店員に思い切って伝えようとしました。
しかし、高齢のお婆さんの姿を見ていると、私にも母がいる事が浮かびます。
高齢でやさしい母に、学生の時、言われた言葉を思い出しました。

「人は許す、待つ、信じる。」

この言葉が心に浮かんだ私は、結局レジの店員に万引きの事を伝えませんでした。
スーパーから外に出た私は、家に帰ると夫に万引きの事を話します。
すると、夫も「言わなくて良かった。」と、笑みで言って来ました。

しかし、私自身は、半信半疑の気持ちで正直見たくない現場です。
今後、スーパーで万引き現場を見たら、やはり見逃す方がいいのだろうか?と、
なんとも言えない感情です



節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村