ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

ワールドカップで日本が躍進して世界に与えた印象

f:id:jzc01651:20180711193622j:plain

地震や大雨の被害があるなどネガティブな話題が続いてますが、やはりワールドカップでベスト16まで進んだことは良いニュースとして国民を勇気付けています。

日本は当初はハリルホジッチ監督の解任で交代するなど慌ただしい雰囲気がありましたが、西野監督になって実際に開幕してみれば格上のコロンビア相手に大金星をあげるなど好発進をして驚かされたものです。

結局はこのあとのセネガル戦でも乾選手や本田選手の活躍もありドローに持ち込み、ポーランド戦では負けたもののフェアプレーが優位になって予選リーグを突破しました。

ポーランド戦ではパス回しが消極的だと賛否両論があり、芸能人などを巻き込んでブログやツイッターなどが炎上することもあったほどです。

決勝リーグの初戦のベルギー戦は原口選手や乾選手が早々と2点を先取しましたが、結局は同点に追いつかれて最後はカウンターで決勝点を献上して敗退しました。

この日本の予想外の躍進で国内外のメディアやスポーツ関係者から称賛され、スタジアムでのゴミ拾いなどで評価を上げて良い印象を与えました。

この一連の行動で下馬評を覆して世界に与えた印象が良くなり、勇気付けてくれたことは事実です。

日本代表は出発前は国民からまったく期待されていない中でのスタートでしたが、いざ蓋を開けると積極的に世界レベルの強豪に立ち向かっていく姿勢を見れて感動しました。

最近ではスタジアムでのマナーなどが問題視されることも多いですが、世界に良い印象を与えた大会だと感じたものです。

日本の対戦相手もアザール選手が香川選手に声をかけるなど尊敬している雰囲気があり、乾選手などを高く評価して嬉しくなったものです。

日本はベルギーと比べればスピードや高さ以外にも様々な点で劣っている部分も多く、最後の逆転劇でその部分が示されたと感じています。

ベルギーはその勢いに乗って王者ブラジルにも勝利し、日本と比べれば力の差は歴然だということが示されたと同時に学ぶべきことが多かったです。

日本はフェアプレーで予選リーグを突破しましたし、ベルギーに逆転負けをしましたが私自身に悔いはなく夢や希望を与えてくれたことに感謝しています。

やはり世界のメディアも高く評価し柴崎選手や昌子選手などに熱い視線が集まり、海外のクラブから声がかかり4年後に向けて飛躍することを期待したいです。

日本代表も帰国すると成田空港には多くのサポーターやファンで出迎えられ大歓迎を受けました。国民に与えたインパクトは凄いものだと感じました。