ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

不幸が続いて・・

f:id:jzc01651:20220101151919j:plain


ここまで辛い経験は今後二度と無いと思いたい程に不幸な出来事が連続した時期がありました。最初に起きたのは交通事故でした。パート先へ向かう道中に自転車で横断歩道を渡ろうとした瞬間に何故か車がバックで戻って来たことで轢かれました。

幸いにも怪我は軽傷で捻挫と打撲だけでしたが衝撃に気を失いその場で救急搬送、結果としてパート先を無断欠勤という扱いになりました。その無断欠席が原因でパート先をクビになりました。理由が理由だけに納得がいかずゴネたりもしたのですがクビは変わらず。通勤時の事故なので労災等々の手続きをして貰ったりする時も店長からは舌打ちをされたりしました。

次のパート先も見つからない中、ある日突然に血便が出始めました。不審な出血にすぐさま病院。ストレスが原因かなと思っていたらまさかの安倍総理と同じ潰瘍性大腸炎でした。潰瘍性大腸炎は現在の医学では不治の病と聞き絶望しました。これまた幸いなのは寿命には殆ど影響がなく、一度寛解してしまえば再発しない限りは一般的な人と何も変わらない生活が送れるという事でした。

しかしながら、自分は病気の進行が異様に早く、あれよあれよと言う内に軽傷から中等症まで至り入院となりました。ステロイド治療を行う為の入院でした。治療中は免疫力が著しく低下するらしく、コロナ渦という事もあり入院中は外出禁止、売店の利用禁止、面会禁止という厳しいものでした。

パートをクビになりお金も厳しい中での入院。決まりかけていた次のパート先に入院の連絡を入れると採用は見送りとなりました。二週間の治療の末に退院、通院は必要でしたが症状は治まり、さぁパート捜しだと息巻いていた所、今度は祖母と祖父が立て続けに亡くなりました。祖母は肺がん。祖父は植木を弄っていた際に起きた転落事故でした。祖母の葬儀が終わるとほぼ同時に祖父が亡くなり二度目の葬儀をすぐさましなくてはいけなかったり、合間に病院とパートの面接をするという忙しい日々が続き、漸く全てが一段落付いた頃、母に腺癌が見つかりました。母親は更年期障害なのか生理不順をおこしていました。しかしながら、念の為に病院に行った方が良いと進めると膣内に腺癌が見つかりました。腺癌はとても恐い病気で体中に散らばってしまう事があるとの事で切開手術をする事になりました。祖父母の死が直近にあった事もあり、もしかしたらと本人も家族も心配していたのですが一先ずは切開手術で事なきを得ました。

これら全ての不幸が僅か半年足らずの間に続き、何でこんなにも不幸が続くのかと考えていたら自分が厄年である事に気が付きました。占いや風水と行った非科学的な事は信用していない自分でしたが厄払いに行きました。すると嘘みたいに不幸な事が起きなくなり、少しだけ宗教を信じる人の気持ちが理解した、そんな経験でした。



節約・貯蓄ランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村