ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

我が子の為に必死でママ友とのお付き合い頑張りました

 f:id:jzc01651:20210205195046j:plain


子供が生まれてから小学校低学年の頃ぐらいまでは、ママ友作りやママ友とのお付き合いですごく苦労をしました。

子供が小さなうちは、ママ同士が遊びの約束をするので、ママ友がいないと子供が幼稚園が終わった後や休日などに、友達と遊ぶことができないんですよね。

私は学生時代、女子特有のグループに所属することが苦手で、1人でいることが多かったんです。

1人でいることがそれほど苦痛だと思っていませんでしたし、クラスのなかで話をしようと思ったら話せる人もいたので、平気でした。

母からも「あなたが一人で平気なら、友達いなくてもいいんじゃない?」と言われ、1人でいる方が気楽ですし、本が好きだったので学校の休み時間はいつも一人で本を読んで過ごしていました。

私は、学校帰りに友達とカラオケに行ったり遊びに行くなんてありませんでしたし、人付き合いが苦手で避けて生きてきたんです。

ですが、子供が生まれてからは、子供の遊び相手を探すために児童館や公園へ行ったり、ママ友のLINEグループに参加をしたり、ママ友達とランチをしたり、ホームパーティーをするようなことになってしまい、ものすごくストレスを抱えることになりました。

すごく苦痛なので、一時期、ママ友のランチを断ったり、グループラインでもあまり発言をしなくなったことがあったのですが、そうすると子供が「最近、みんな遊びに誘ってくれなくなった。悲しい」と言い始めました。

ある日子供が、「AちゃんとBちゃんが遊園地に行くんだって。私も行きたいと言ったけど、ママ同士で話し合って決めたことだから私は来たらだめだって言われた」と言い泣きました。

とてもショックで、泣いている子供を見て辛かったです。

ママ同士の関係が重くなり避けていたら、子供が友達に距離を置かれてしまったことが悲しくて、その日は食事をとることができませんでした。

自分は友達がいなくても平気なタイプですが、私の子供は友達と一緒にワイワイ楽しみたいタイプの子なんだと思い、我が子の為にまたママ友とのお付き合いを頑張ることにしたんです。

こまめにママ友達と連絡をとっていないと、子供が遊びの約束をすることができなくなるということがわかったので、愛する子供の為に私は頑張るしかないと思ったんですよね。

ずっとママ友とのお付き合いが大変で辛かったのですが、子供が小学校3年生になった頃から、子供同士で遊びの約束をするようになり、とても楽になってきました。

あの頃は、いつまでこの大変な毎日が続くのかなと憂鬱な気持ちでいましたが、今はママ友と付き合わなくて良くなりホっとしています。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング