ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

女性は道具。酷い会社の事実

        f:id:jzc01651:20210203172631j:plain


私の会社はフレックスで服装も自由という、すごく恵まれた環境でした。

大手自動車メーカー構内での請負業務をしている時の体験です。

それは、忘れもしません。
私が入社7年目を迎えた時のお客様との食事会です。

上司・同僚3名と早めに会場入りをして、少し緊張しながら待っていました。
すると、お客様が3名入店されました。

私は席を立ち、挨拶を交わした後、自己紹介をしました。
その時は何もないまま会食が進んでいくと、上司とお客様一名が二人で席を外しました。
その数分後私は、化粧室へ行く為に席を立ちました。

そこで私は、聞いてはいけない話を聞いてしまいました。

お客様と上司が男性用化粧室内で何か話をしてました。
私は聞くつもりも無く、男性用の化粧室前を通ったら、上司から私の名前が出ました。思わず、耳を傾けている私がいました。

なにやら、お客様は怒っている感じがしました。
「何か私が失礼な事を言ってしまったのかな。」
と思いながら聞いていると、


お客様 「何で今日はあの子が来たんだ!
     いつも来てくれる子じゃないじゃないか!」
上司  「すみません。いつもの子は所用でいけないと言われ。」
お客様 「だったら、なんで日時の変更をしなかったんだ!」
上司  「本当に申し訳ございません。」

といった会話でした。

私はショックを通り超して、なんて酷い人なんだ!と怒りが込み上げてきました。
私は仕事のパートナーの一人として出席した会なのに、上司は女性という”道具”として私を呼んでくれたという事実。

酷く落ち込みました。

すると、外から私の名前を呼んでる声に気付きました。

同僚の子です!

私はまだ化粧室にいました。ふと時計を見ると20分位は経過していました。
心配して見に来てくれました。

私は冷静に「大丈夫だよ。」と言いいながら涙が出てきました。
同僚は、「なら安心した。先に席に戻ってるからね。」

酷い事を言われた事実を私は受け止めるのに20分以上かかってしまいました。

何もなかったかの様に、席に戻ると、
お客様・上司共に笑顔で会食をしていました。

酷い事をされた事実、私は無意識に
「予定があるので、これで失礼します。」
と言っていました。

席の空気は変わりました。

上司が声かけてきましたが、私は、何も聞こえていませんでした。

「失礼します。」と言いその場を離れてしました。

お店の外にでて、冷静になった私。

道具の一つだった私。酷い事を言われた私。

女性が道具の一つという私の会社。

”女性が働きやすい職場”という言葉は何なのか。
私は、それの言葉を探すより、自分で作ることに決めて、
退職後、私は女性仲間と共に、女性の働きやすい職場をモットーに起業しました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング