ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

周りと比べ育児をしっかりできない自分が情けなくて辛かったです

       f:id:jzc01651:20210125155516j:plain


産後うつになった時、自分って情けないなとつくづく思いました。辛い不妊治療、妊活をしてやっと抱くことができた我が子なのに、お世話をすることがすごく苦痛になってしまったんです。

子供が泣くたびに、うるさいと思ってイライラ。朝から晩まで身体が疲労感でいっぱいで、子供にミルクを与えたりオムツをかえることが大変でした。

妊娠中は子供にとって自慢のママになろうとか、素敵なママになって子供をたくさん喜ばせてあげたいなんて思っていたのに、子供が生まれてから夜泣きがひどくて全然眠れなくなり、毎日クタクタになって、気づくと産後うつに。

子供を見ると涙が出てきたり、気持ちがとても不安定になりました。子供を可愛いと思えない自分が本当に恐ろしかったです。あんなに望んでいた我が子なのに、うっとおしいと感じてしまい、子供のお世話をしっかりできない自分を責めました。

子供が生まれる前は料理や掃除が大好きで、部屋のなかは整理整頓されていて快適だったのですが、産後はいつも部屋の中がグチャグチャ状態で、食事作りが面倒で出前を頼んだり、夫にスーパーのお弁当を食べさせたりなどしてしまいました。

夫や両親にたくさん心配かけてしまいました。私の妹は子供が3人いるのですが、共働きでいつも笑顔で子育てしていますし、遊びに行くと部屋がキレイなんです。友人もママになってから、子供のために栄養バランスのとれた食事作りをするようにしていると話していて、自分と比べてしまいました。

周りのママと比べると、なんて自分はだめなやつなんだ、情けないと胸が苦しくなり眠れなくなったんです。毎日ベソベソと泣いている自分が本当に嫌でしたね。昔のように明るくて頑張り屋の自分に戻りたいのに、全然戻れなくて毎日とても苦しかったです。

母が何度も家に来て家事を手伝ってくれたり、夫も育児や子育てに協力的だったので少しずつ自分でできることが増えてきました。自分を強く責めてしまう日もありましたが、産後うつだから仕方がないんだと自分の状況をしっかりと受け止め、ゆっくり進んでいこうと思いました。

周りの女性ができていることを私はできていないと思うと、呼吸ができなくなるほど苦しいんです。辛い時は夫や友人、母に話を聞いてもらいなんとか乗り切ることができましたが、あの時は本当に自分が情けなくて消えたい毎日でした。

今考えると自分を責めすぎてしまっていたと思います。生きているとこういうこともあるんだなと今は思えますが、当時は毎日自分が嫌いで辛かったです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング