ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

家庭円満の秘訣は断捨離

                     f:id:jzc01651:20201107152814j:plain


私は小学生のころから、今で言う断捨離をしていました。
学校で嫌なことがあると、帰宅して母に聞いてもらおうと探すも、母は家にいませんでした。

モヤモヤした気持ちで一人過ごしていたのですが、ある時ゴチャゴチャしている勉強机が目に付きました。

「片付けるか」教科書は立てて、鉛筆はペン立てに。
まんがも本棚に戻します。
消しゴムのかすをゴミ箱に捨て、仕上げに雑巾をぬらして机の上を拭くと5分もかからないうちに綺麗になりました。

「すっきりした~」そうすると机の上だけでなく、私のモヤモヤも消えていました。
その時初めて掃除をすると無心になることに気づきました。

掃除をすると場所だけでなく、心もスッキリします。

それ以来すっかり掃除にはまりました。
最初は自室だけでしたが、リビングも片付けるようになりました。

母は掃除が苦手で、部屋はいつも汚れていました。
とにかく、ものが多いのです。
空き箱や、ボロボロになった紙袋。
もう絶対に使わないであろう包装紙が山のようにあります。

「お母さん、これいるの?」と確認すると「いらない。」
『じゃあ捨てるね」と明らかにごみと思われるものを次々にゴミ袋に捨てました。

その量は、45リットルのゴミ袋が3つにもなったのだから、どれほど我が家が汚れていたのかがわかると思います。

父が帰宅すると「今日は部屋がきれいだな」と嬉しそうに言いました。
部屋が汚いことが原因で両親はよく喧嘩をしていたのです。

だらしない母と、綺麗好きの父。
私は父の気持ちがよくわかりました。
帰宅して家が汚いと、疲れがどっと出るのです。
「私が片付けたんだよ」と言うと、「そうだと思ったわ、お母さんじゃこんなにはならないわ」と上機嫌です。

母も大嫌いな掃除を、娘がするようになり喜んでいました。
そうすると、夫婦喧嘩ももなくなり、我が家は平和になりました。

とにかく、いらないものは捨てる。何年も使っていないものは母の了承を取って捨てます。

父は家が綺麗になった事によって、部下を連れてくるようになり、もてなし好きの父は本当にうれしそうでした。

私にも頻繁にお土産を買ってきてくれます。
そして「お前は本当に片付けが上手だ」と褒めてくれます。
私はこれが嬉しくて、せっせと片付けていました。

今では段捨離は私の趣味となり、主婦になった今では1つ買ったら2つ捨てると言うことを徹底しており、家は常に片付いているので夫の機嫌もよく、喧嘩もなく今年で結婚15年ですが夫婦円満です。
断捨離お勧めです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング