ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

新興宗教にハマっている知り合いの家に滞在した辛い経験

     f:id:jzc01651:20200928135011j:plain


私は若い時、様々な試練が立て続けに起こって、心も体もボロボロになっていた時期がありました。

そして少しずつでもそんな試練や困難を乗り越えていくために、自分なりに努力を重ねていました。

精神的には本当に辛い毎日でしたが、小さな努力でもコツコツと頑張っていれば、きっと道は開けて行くはずだと信じながら努力をし続けました。

そんな時に出会った男性は私のことをとても大切にしてくれましたし、色んなサポートをしてくれましたので、私は彼のことを信じて頼るようになりました。

そして私たちは同棲をして、最初は仲良くして楽しい毎日を送っていました。

ですから彼と出会ったことによって、私の未来は明るくなっていくかもしれないと私は楽観視するようになりました。

私は当時、金銭的に苦しい生活をしていましたので、彼氏が家賃や生活費を支払ってくれていました。

それは本当に有難い事でした。

ですが私たちは些細なことでケンカをするようになって、最初は我慢していたのですが、だんだん彼が私を馬鹿にしていることが分かるようになってくると我慢できなくなってしまって、ある日、私は家出をしました。

でも彼氏の事が嫌になって家出をしたものの、お金が無かった私には行く場所がありませんでした。

実家からも遠く離れている場所に住んでいましたので、実家に帰ることも出来ませんでしたし、泊めて欲しいと頼めるような友達も居ませんでした。

ですから私はよく行っていた図書館にとりあえず行くことにしました。

図書館なら座る場所はありますし、何かの本を読んでいたら気が紛れると思ったからです。

そしてその図書館で本を読んでいた時、ちょっとした知り合いに会って話をしました。

そして優しく話してくれる彼女につい「家出をしちゃった」と言ってしまいました。

すると彼女は行く場所が無いのなら、うちにおいでよと言ってくれたのです。

彼女の家には他の友達と一緒に行ったことがありましたし、彼女の旦那さんと娘さんも会ったことがありましたので、安心して有難く彼女の家にお邪魔することにしました。

そして最初は彼女の旦那さんも温かく迎え入れてくれたので本当に嬉しくて、居心地が良かったですし有難かったです。

でもその夫婦はある新興宗教に没頭していたのです。

そして私をその新興宗教に引き込もうと色んな話をして来るようになりました。

私はそんな二人に恐怖すら感じるようになりました。

でもお金が無くて行く場所が無い私はその家から出ることが出来ませんでした。

そしてある日、二人が通っている新興宗教の集まりの会に私も無理やり連れて行かれました。

そこには異様な雰囲気が漂っていて、私はその場所にいるだけで気分が悪くなりそうになりました。

本当に辛くて辛くて、すぐにでもその場所を逃げだしたい気持ちになりました。

それをキッカケに私は意を決して、彼らの家を出ました。

なぜならそのままそこに滞在し続けたら、私は精神的におかしくなるかもしれないと思ったからです。

本当に辛い経験でした。

そして私はその後、幸いにも格安で住むことが出来るアパートを見つけて何とか独り立ちすることが出来ました。

今でもあの辛い経験を思い出すと恐ろしくなります。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング