ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

貧乏は本当に嫌

f:id:jzc01651:20200921185926j:plain


私は、45歳の女性です。

幼い頃から貧乏だった私にとって、周囲の生活が羨ましくて仕方がありませんでした。

過去にファミコンが流行ったときにも、私は買ってはもらえず、友達を羨ましく思って見ていました。

その原因は、私の父にあります。給料はかなり高額なのですが、収入以上に借金が多かったのです。

家族には何も言わず、バイクを購入したり、生活費の殆どを趣味に注ぎ込んだりする人でした。

私と母がご飯と漬け物だけを食べている横で、平気で焼き肉を食べるような、そんな人でした。

ですが、離婚をして私を養う自信のなかった母にとっては、そんな父とは別れられず、ことあるごとに「ごめんね」と泣いていました。

だから、私も貧乏であることは触れずにきました。

洋服を買ってもらえなくても、おもちゃを買えなくても、不満は言いませんでした。

靴も、1度購入したら、平気で5年以上ははいていました。

もう、汚れてボロボロになったスニーカー。

それでもはかないよりはいいと、我慢してはき続けました。

私が、高校生になったばかりの頃。

その日は、前日に雨が降って、かなり道路には水溜まりができていました。

私と母は、父のツケを払いに行くために町へ行くことになりました。

バスに乗るのはもったいないということで、歩いて町へと向かったのですが、かなり足場が悪くて、私たちは水溜まりを避けながら歩いていました。

あともう少しで町につくというときに、雨が降り始めてきたんです。

私は母の手を握り、急いで近くにある大きな木の下へと入りました。

雨がだんだんひどくなり、私と母は止むのをただひたすら待ちました。

かなり寒くて、あまりにも雨が降っているからか、靴の中もグチャグチャでした。と、不意に母が、私の靴を指差して、「そんなところに、黒のラインなんてあったかしら」と言うんです。

ふと下を見ると、横の辺りに確かに黒いライン。

足を動かした瞬間、私は黒のラインの正体に気がつきました。

「もしかして、破けてるかも」

「ええっ」

母が驚いた声を上げます。

スニーカーの横がパックリ開いていたんです。

どうりで靴の中が濡れているわけです。

そして、母の靴を見て今度は私が声を上げました。

「お母さんの靴も破けてるっ」

「ええっ」

母の靴も、破けていたんです。

私と母は、お互いの顔を見て大笑いをしました。

まさか、2人とも破けてるなんて。

そして、笑いながら泣いていました。

私も、母もボロボロ泣いていました。

笑ってないと、もっと惨めな気持ちになりそうで、何もかもが嫌になりそうで、たまりませんでした。

2人で抱き合って泣き続け、貧乏は本当に嫌だと思いました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング