ヒロニャン情報局

節約、ミニマリスト、子育て等に関する情報を投稿してます。

ずるい元同僚

f:id:jzc01651:20200313142515j:plain

ずるい元同僚

私は以前、ある研究機関でアシスタントとして働いていました。

そこには優秀な研究者が世界中から集まっていましたので、その研究者たちのアシスタントとして働くのは誇らしかったです。

ためになることもたくさんあって、喜びとともに働くことが出来ていました。

・リーダーが変わり嫌なことが起こる

でも私が担当していたグループのリーダーが別の教育機関から移ってきてから、嫌なことが次々と起こるようになりました。

なぜなら彼はとてもずるい人だったからです。

私たちが所属していたグループの教授はとても忙しい人で、他の大学や研究機関で勤務することが多かったので、私たちが働いていた研究機関に居る時間がほとんどありませんでした。

そのため、その教授とは殆どメールでやり取りをしながら、仕事の指示と報告などを行っていました。

その状況を逆手に取って、そのずるいリーダーは大した仕事をせずに、自分が好きな趣味などを仕事中にやっていました。

そして私に面倒で嫌な仕事をさせて、それを私が彼に報告すると、その後にあたかも自分がやった仕事のように教授に報告していました。

・いじめにあう

そういうことが何度も続くと、私も腹が立って来たので、彼に意見を言うようになりました。

すると彼は私をいじめ始めたのです。

突然、大声で怒鳴ったり、時には私を個室に呼び出して長時間、説教をし続けることもありました。

私は彼を見ると恐怖を感じるようになって、出来るだけ彼に近づかないよう、彼に関わらないようにしました。

ですが同じグループで働いていますので一緒に仕事をしなければいけないことも多々あって辛かったです。

そして彼の私に対するイジメがどんどん酷くなってしまったので、私は周りの人達に相談して、他のグループに移動させてもらいました。

あんな嫌なずるい人と一緒に働かなくても良くなって、本当に嬉しかったです。

でも私が他のグループに移動した後にも、その嫌なリーダーの横暴ぶりは元のグループの人達から話を聞くことが良くありました。

・研究データの偽装!?

その話によると、その嫌なリーダーはもしかしたら、研究のデータを偽装している可能性があるという話まであったので、さすがにそれには驚きました。

当時、他の研究機関での偽装データのニュースが飛び交っていた時期でしたので、もしそれが本当だとしたら、大変なことになると怖くなりました。

そしていくら、ずるい彼だとしても、研究データの偽装だけはしないで欲しいと願いました。

なぜならもし彼が研究データの偽装をしたとしたら、そのグループ全員、そして研究機関全体に大きな悪い影響を与えてしまうと怖くなったからです。

・まとめ

幸い、彼は別の教育機関に移って行きましたので、その後はどうなったのか分かりません。

それにしてもあんなにずるい人は滅多にいないと思いますし、嫌な思い出しかありません。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング