ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

モノを捨て色々と変わった!心が落ち着くミニマリスト生活

f:id:jzc01651:20191130214952p:plain


「モノを捨てたら人生が変わったんだよね」と自慢げに話している友人を、自分にはできないなぁと思いながら見ていた私ですが、今は思いっきりミニマリスト生活楽しんでします。

 

1人暮らしをするようになった時、1人は寂しいと思うようになり職場の同僚や友人などを家に呼ぶようになりました。

 

でも、遊びに来た人達みんなが「部屋が汚い!ここにいるのは無理!」と叫ぶので、気にするようになったんですよね。片付けがすごく苦手なんです。

 

この時、以前話していた友人の「モノを捨てたら・・」という言葉を思い出し、私は片づけが苦手なんだから、物を減らして生活をすれば片付けをする必要もなくなると思って、モノを捨てる決意をしたんです。

 

まず、食器がものすごく多いことに気づきました。一人暮らしなのに実家の母が家からたくさんの食器を一人暮らしのアパートに運び、使いもしない食器だらけになっていました。

 

でも、いつも使っている食器は決まっています。だから思い切って母には悪いなと思ったのですが、毎日使っている5つの食器以外は捨てることにしました。

 

すると、ものすごく気持ちがスッキリしたんです。すごく不思議ですね。少ない食器を見た時に、スーっと気持ちが落ち着いてきたんですよね。

 

このことが快感になり、次は1年間着ていない服も全部リサイクルショップへ持って行きました。

 

タンスの中がガラガラになり、私っていつも同じ服しか着ていなかったんだなと思い笑ってしまいました。

 

会社帰りや休日にフラフラとお店を見てまわるのが好きで、気になったものをすぐに買ってしまうタイプなのですが、買ってきて家に置いた後は使わないということが多いです。

 

そういう物も全部ゴミ箱に入れました。この時は「やっぱり使うかもしれない」という焦った気持ちになりましたが、数日後には「スッキリして良かった」と思ったんですよね。

やっぱり使っていないモノはどんどん捨てるべきだと納得しました。

 

ミニマリスト生活をするようになって変わったなと思うことは、お金が貯まってきたことです。お店で「これいいな」と思った物を買わなくなりました。

 

「買ってもどうせ使わない」と自分に言い聞かせて買わないようにしたんです。貯金が増えてきたので嬉しいです。

 

また、友人や職場の人たちが家に積極的に遊びに来てくれるようになりました。「部屋がスッキリしてすごくいい」と褒めてもらって、本当に嬉しいです。

 

部屋にいると自然と心が落ち着き、仕事や人間関係などがスムーズにいくようになったんですよね。本当に不思議です。

 

これが以前友人が言っていた「モノを捨てれば人生変わる」ということなんだなとしみじみ思いました。

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング