ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

夫の借金が発覚し、貧乏生活が苦しいです。

f:id:jzc01651:20191129162142j:plain


夫の借金が発覚してから生活が一変しました。私の知らないうちに、ギャンブルに大金をつぎ込んでいたのです。

 

結婚をした当初はギャンブルなんて興味がない、むしろ否定的な意見を口にしていた夫なのにどうして?とパニックになりました。


きっかけは、数々の消費者金融から督促状が届いたことでした。消費者金融を詳しく知らない私は最初は特に気に止めていませんでした。

 

何かに 申し込んだのかな、程度に軽く考えていたのです。でもあまりに頻繁に届くので、さすがに気になって夫のいない時にこっそり見てみることにしました。

 

夫の引き出しを開けてみてビックリしました。そこには乱雑に詰め込まれた請求書が山のように入っていたのです。

 

目を通すと、それらはすべて消費者金融から届いたものでした。請求額は一社あたり百万単位でした。一瞬何がなんだかわからず、胸がドキドキしました。

 

まさか夫に限って、私に隠れてこんなに借金をしていたなんて・・・。卒倒しそうなのを必死に堪えて、散らばっていた請求書を集めました。


こんなにたくさんのお金がどうして必要だったのか、私は帰宅した夫に詰め寄りました。

 

しかし夫は少しバツの悪そうな表情をしましたが、意外にも冷静でした。

 

そして、実は過去にもギャンブル依存症になり借金をしたことがある旨を打ち明けられました。

 

その時も数百万円借金したそうですが、結局夫の両親が返済したというのです。

 

私と出会ってからはギャンブルは一切していなかったけれど、最近ストレスが溜まってまたギャンブルに手を出していたそうです。

 

土日も仕事と偽って出ていき、一日中ギャンブルをしていたこともあると言われました。

 

子供もいるのにどうするのかと言いましたが、ただ申し訳ないと繰り返すだけでした。


私はお金にルーズな人は本当に嫌いだったのですが、情けない夫の姿を目の前にすると、口にしかけた離婚の二文字も言えなくなりました。

 

仕事も真面目に行っているので、とりあえず今後の夫を見ていこうと決めました。

 

夫ももうギャンブルはしないと約束してくれたので一度は信じることにしました。


夫の給料だけでは到底払える額ではなかったので、私も働きに出ることになりました。

 

また、新築マンションから古いアパートに引っ越すことにしました。

 

お風呂は三日に一度、食事も子供にはしっかり食べさせますが私は水だけで我慢することもあります。

 

こんな貧乏生活をまさか結婚後にしなければならなくなるとは思いもしませんでした。

 

化粧品や持病による薬代も削り、それでも貧乏生活から抜け出せずにいます。


スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング