ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

彼女の貧乏アピールのよる節約術がスゴイ!

     

  f:id:jzc01651:20191021164719j:plain




職場の同僚の見事な節約術をご紹介します。

彼女は私と同じ主婦なのですが、私と全く違う生活を送っているので驚きます。

子どもが2人いることも同じですし生活水準も同じような感じに思えます。

お金持ちということは絶対ないけれどすごく貧乏ではないくらいの感じですかね。

私はあまりそういった経済状況であることを公言しませんが、彼女は機会があれば自分が貧乏だと回りにアピールしています。

何かにつけて「お金がない、お金がない」と言っているのです。

 

着ているものがみすぼらしいとかいう事もなく見た目は普通なのに、何となく「あの人は貧乏なのだろう」とみんなが思っている感じです。

 

うちの職場ではお盆やお正月の後はお土産を人数分買ってくるのが習わしのようになっていますが、この普段の彼女のアピールが功を奏し彼女は一度も買って来たことがありませんが、誰からも白い目で見られている感じがありません。

 

私は一度渋滞がすごくてお土産を買ってこれなかったことがありましたが、その時は嫌味みたいなのを言われたこともありました。

 

他にもこういったことがあります。

 

急に病気などで休んだ時もみんな人数分のお菓子をお詫びに持ってくる習わしがあるのですが、これも彼女は一切しません。

 

それももう彼女が持ってこないのは当たり前になっていて、彼女が仕事復帰してきた場合は病気で大変だったことや、お金がないので病院に行けなかったなどまた貧乏アピールを必ず織り交ぜすごい勢いで話し同情を掻き立てます。

 

そのため、お詫びのお菓子のことなど上司や少し感じの悪い同僚ですら忘れてしまう様な感じです。

 

仕事もしてないのに、一日分まるまるお金をもらうわけだからお菓子の一つ位は買ってこようという感じでみんな買ってくるのですが、彼女にはそんな考えはみじんもないようです。

 

それでいて、誰かが買ってきたお土産やお詫びのお菓子はしっかり手と付けて食べています。

 

私はちょっとこれは足りないかなと思う時や、個数が分からないようなスナック菓子なんかは遠慮して食べないことが多いですが、彼女は逆に数が分からない場合などはかえってバクバク食べている感じです。

 

私は彼女とロッカーが近いので彼女の持ち物や帰りに着ていく服やカバンなど見ますが全然貧乏な感じじゃなくて、全て私よりはいいものを持っている感じです。

 

いつも足早に出て行ってしまうのでそんなに他の人には気づかれていないとは思いますが。

 

彼女の貧乏アピールによる節約術は見上げたものだなと思います。

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング