ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

ミニマリストとしての買い物の考え方

f:id:jzc01651:20191004161713j:plain


ミニマリストとして生活をしていると、いろいろなことに目を配るようになります。

 

以前よりも、しっかりした感じがするのです。

 

それだけ、自分の生活の基盤をミニマリストにすることにより、整理上手になったと思えるのです。

 

それはとてもいいことです。
気軽な自分になったと思うし、部屋の中が散らかって困るということが少なくなりました。

 

そこで、買い物についてもこだわりを持つようになりました。

 

ここではミニマリストとしての買い物の考え方について、ご紹介します。

 

・無駄なものは買わない


無駄なものは買わないと言うことは、ミニマリストとしての基本の考え方ですね。

 

現在不要と思うものを買うことはありません。

スーパーなどにいくと特にその考えが増します。

どんなに安く販売されていても買わないのです。

 

お得に買える物でも、今必要なしと思うとストックになってしまうので買わないことにしています。

 

 

ストックになると、そのストック分をおく場所を確保することになり、とても面倒と思ってしまうんですね。

 

せっかくキレイに整理されている部屋なので、ものを増やすということをほとんど考えていません。

 

その結果、不要と思うものを買っておけば良かったと思うことはほとんどないので、買わない方向になっています。

 

・家具は買わない


家具については、ほとんど捨ててしまいました。
家具は重たいので、それがあることによりちょっとストレスが溜まってしまうのです。

 

移動をさせることができずに、掃除をすることも難しくなります。

 

そのため、捨てることをしても、買うことはなくなりました。

 

家具がなくても、ほかの収納場所を利用することにしています。

 

基本的に持っているモノが少なくなったので、必要なしと思うようになりました。

 

大きな家具があると、それだけで圧迫感があるしなくても生活できるのでそのほうがいいです。

 

・収納は隠す


収納は全くなしということではありません。

いろいろなところにかくして収納をすることにしています。

 

それは、家を作る段階から収納を隠せる場所に作っているという事です。

 

階段下や壁などにそこを押すことにより、収納できるようにしているのです。

 

その結果、スッキリした部屋を維持することができています。

 

いかがでしたか?買い物をする時は、ほとんどこんな素敵なモノがあるといいなと思っても買うことがありません。

 

それを買って、維持することができるだろうかと悩むのです。

 

その結果、買い物も最低限となっています。

 

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング