ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

出産するまでは分からなかった子育ての苦労

f:id:jzc01651:20190903094719j:plain


子育てをしていると、様々な苦労があると思います。

私も出産するまでは分からなかった子育ての苦労がたくさんあって毎日試行錯誤しています。

私が今一番大変だなと思うことは、外出の際の荷物の多さや周りへの配慮に関することです。

まず、子供を連れての外出にはたくさんの荷物が必要です。

子供の年齢にもよりますが、幼い子供であるほど荷物が多いです。

1歳未満の子であれば、オムツとミルク、離乳食が始まっていればベビーフードが必要です。

夏場であれば、着替えや帽子、日焼け止め、ハンカチなど細かいものも持っていかなければなりません。

歩けるようになれば、子供用のリュックに入れて持たせることもできますが持つのを嫌がる子供もいるので難しいところです。

また、オムツ替えや授乳をするにも専用のスペースがいつもあるとは限らないので、場所を探すのも一苦労です。

出掛ける前にあらかじめ、オムツ替えや授乳スペースがあるか調べておくと安心ですが、行ける場所が限られてしまうのも困るところです。

ゆっくりお買い物をしたいと思っても、子供がいつグズるか分からないのでいつもハラハラしながら慌ててお買い物しなければなりません。

お買い物がリフレッシュになるつもりが、ゆっくり商品を見ることができないですし、慌ててしまうので買い忘れがあったりと帰ってきたらぐったり疲れてしまうということがしょっちゅうです。

歩けるようになれば、興味があるところにフラフラ行ってしまうので目が離せません。

カートに乗せればいいという意見もありますが、カートを嫌がる子供や自由に動けないので泣いて暴れてしまうこともあります。

オムツ替えをする場合も、オムツ替えスペースがあれば良いのですが無い場合は普通のトイレでなんとか替えるか、面倒ですが車に戻って替えることになります。

つい、近くのベンチなどでさっと替えたいときもありますが、周りの人は不快に思うのでできないことも多いです。

いろいろな価値観の人がいるので、何が周りの人の気に触るかを考えるとそれだけで疲れてしまいます。

お店で泣かれた時も白い目で見られてしまうのも辛いです。

親であっても、すぐに泣き止ませられるわけではないので、そういったことが続くと子供連れでの外出が怖くなってしまうこともあります。

すぐには無理だと思いますが、オムツ替えや授乳スペースがもう少し増えるといいなと思いますし、子育ての大変さや苦労を理解してもらって子育てしやすい環境になると良いなと、おもいます。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング