ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

お弁当の節約には冷凍食品は高いので常備菜を使って自分で作ることをおすすめします。

f:id:jzc01651:20190902113813p:plain


我が家が実施している節約方法を紹介します。

我が家は一番節約したいところは、食費です。

男の子2人がいる以上どうしても食費が高くなってしまいます。

そのため、どうにかして食費を抑えようとして考えたのがお弁当代をできるだけ安くするということです。

我が家は夫と子供が二人お弁当で、その二人のお弁当代が意外とかかってしまいます。

私は共働きなので、お弁当をすべて毎日手作りということは難しく、どうしても冷凍に頼ってしまいがちです。

ですが、お弁当の冷凍は高いので多様していると高くなってしまいます。

だけど、時間がないため、手をかけることが出来ません。

そこで、考えたのは、出来るだけ日持ちするものをたくさん作ってストックするという方法です。

常備菜をたくさん作って日持ちさせてお弁当に使うというやり方をしています。

常備菜は週に1回か2回くらい使い、一度作ったら3日か4日くらいは日持ちします。

それをお弁当に入れれば、冷凍食品を使わなくてもいいですし、だからといって毎日お弁当を作らなくても良いです。

また、作るのも1品15分程度で出来るものばかりなので、そこまで負担ではありません。

もちろん、すべてを常備菜で埋められるわけではないので、冷凍食品を使うこともありますが、それでもほとんどが冷凍食品に頼っていた頃と比べると節約になっています。

夫と息子二人のお弁当なので、量も多いですし、いかに冷凍食品を使わずに手作りをするかが、お弁当代を安くする秘訣です。

たとえば夜ご飯にハンバーグを作ったら、少し多めに作り残りを小さいお弁当用にし、それを次の日にお弁当に入れるというのも良くやっています。

タッパに入れて冷蔵保存しておけば、2、3日は日持ちするので、とても便利です。

また、冷蔵庫にお弁当が作られているため、暖めてお弁当箱に入れるだけなので時間短縮にもなり、便利です。

このようにお弁当代を節約するだけでも月に3,000円は食費が安くなったので、家族にお弁当持ちの人がいる家族におすすめします。

特に子供が多い家庭では、食費をどのように節約しようかと頭を悩ませていることでしょう。

栄養不足になってしまうから量を減らすわけにはいかないため、特に難しいです。

ですが、冷凍食品に頼っている人は冷凍食品は基本的に高いので、常備菜を使って自分で作ることをおすすめします。

もし、お弁当代を少しでも安くしたいという人は参考にしてください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング