ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

孫に趣味の編み物でマフラーを編んだ思い出

f:id:jzc01651:20190827164530j:plain


私がシニアとなってから趣味として行っていることを、これからがご紹介していきたいと思います。

まず一つが編み物です。これが今はシニアとなって一番の趣味といって良いでしょう。

編み物に関しては昔から得意で御座いましたので、趣味となってから長年続けております。

その中でも一番嬉しかった出来事についてご紹介しましょう。

それは孫がまだ小学生の時だった頃になります。

彼女は大人しくて内気な性格をしておりました。他の孫たちともあまり話さず、じっと丸まっているだけ。

時々私の後ろを付いてきては、構って欲しそうにじっと見つめてきました。

そんな彼女にある時、編み物を教えてあげたのです。

最初はうまく糸を編めずに苦戦していましたが、一つハンカチのまつり縫いが出来ると、顔を綻ばせて喜んでいました。

その時の顔がとても可愛らしくて、今でも胸に残っています。

そしてその日、丁度寒い日でした。私は彼女にマフラーを編んであげたのです。

手馴れたもので一日二日あれば出来るものなのですが、孫は目を丸くして私に尋ねました。

「これ、おばあちゃんが編んだの?」と。「そうよ」と答えると、孫は驚いた様子で「お店のマフラーみたい」ととても喜んでくれました。

孫は既に高校生になり、そのマフラーをつけることはなくなりました。

きっと今あげても「こんなの使わない」と言われるかもしれません。

ですが、この前丁度孫が家に来た時に、ある話をしました。

「おばあちゃん、昔マフラーと編んでくれたよね」と。

とても嬉しかったと言ってくれたのです。私は本当に嬉しかったです。

こうして自分の趣味で始めたことが、誰かの心に残っているのが、とても幸せでした。

きっと孫にとっては何気ない一言だったのでしょうが、とても印象深く残っております。

編み物の他にも、琴をしていました。今は体がしんどくて辞めてしまいましたが、それも気分転換にとても良いものでした。

先生に教えてもらいながらしていたのですが、一曲通して奏でると、とても澄んだ気持ちになるのです。

弦一本一本の音が弾んで、それは良い音色です。この琴を娘や孫に教えたこともありました。

孫は今吹奏楽部に入っているらしく、楽器にとても馴染みがあるのです。

お琴の話をすると、「いつか一緒に演奏してみたいね」と言ってくれました。

私の趣味というのは、どれも孫があってこそだと思っています。

孫が喜んでくれる、楽しんでくれることが、趣味を楽しむ秘訣となっているのかもしれません。

今日もまた編み物を始めようかと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング