ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

自宅がゴミ屋敷になってしまったのがミニマリストのきっかけです。

f:id:jzc01651:20190823161122p:plain


私は、ミニマリストとして、生活を始めたい!と思いましたのは、私が独身でありました時に、3DKの自宅がゴミ屋敷になってしまったことがきっかけでありました。

それまでの私としましては、ミニマリストとしてと言う概念なんて全くなく、ただ怠惰な生活をしていると言う形でありました。

私がどうにかしなければならない!と思った状況につきましては、自宅がゴミ屋敷化してしまったことについてなのですが、原因としましては、私の怠惰な生活と無精である性格が原因であったと思っております。

とにかく服を買うのが好きで、通販で購入した服を散乱させるような形で、いたる所に服を散乱させて床が見えないようになっておりました。

気になりだしたら違う方に気がとられてしまうと言う性格も災いしてしまいました。片付けようとして服を整理しだしましたら、本が散らばっており、今度はその本に気が集中してしまう形で、本と向き合って片付けることを忘れてしまい、気がつけば朝から片付けを始めたハズなのに夕方になっていたのです!

こんな愚かなことはないと思いまして、まずは、ゴミ屋敷化した部屋を一度オールリセットする形で誰かに手伝ってもらわないと自分一人ではダメだと強く思い立ちました。

そこで私が依頼した業者さんはゴミ屋敷バスターズであったのですが、お呼びして部屋を一掃して頂き、最高に綺麗な状態にして頂きました。

そして、ここから、無駄なものを一切置かないミニマリストとしての生活が始まりました。

ゴミ屋敷バスターズのお陰で何もない空間ができましたので、ここから私が希望する形で、必要最小限の家具と、冷蔵庫などもコンパクトにするような形で、無機質な空間を意識するようにしました。

そうしますと、あれだけ汚い部屋でありましたのに、無機質で紅茶を楽しむ空間になっておりました。

無機質な部屋のど真ん中で飲む紅茶は最高でよくよく見ればベランダからの景色も最高であり、今まで私は物に支配されすぎていたんだなと言うことがよくわかりました。

今後は、ミニマリストとしての生活を更に充実させるためにいつ友人を呼んでも無機質で綺麗サッパリした習慣を心がけて行きたいと思いましたのと、もう二度とゴミ屋敷化しない強く思いました。

必要最小限の空間で更に実感しましたことは、生活のし易さです。サッパリしている空間だからこそアイデアも浮かびやすくなりましたし、行動もしやすくなりました。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング