ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

浮気相手の女の為にお金を渡していました。

f:id:jzc01651:20190613163738j:plain


思えば出逢った時から主導権は完全に彼に握られていた恋愛でした。

私が学生時代にしていたバイト先の社員で仕事を色々と教えてもらったのが出会いでした。

少し年上の彼は違う大人の魅力にあふれていてすぐに惹かれてしまったのですが、とても口がうまくていつも私を褒めてくれる男性でした。

実際には、私だけでなく色々な女性にも口がうまくてそういう所には、気が付いていたのですが惚れた弱みで変だなと思った部分に目を瞑っていたのは事実です。

自己肯定感が低くて自分に自信が無かった私は、そんな彼にどんどん惹かれていき自分の嫌だった部分までそこが良い所だよと褒めてくれる彼と一緒に居るとどんどん自分の事が好きになれる気がしていました。

そんな彼とやっとのことでお付き合いできた時には天にも昇る気持ちで人生ってこんなに幸せな事が起こるんだと数日間はぼーっとした気分でした。

私は、そもそも小さい頃から幸福感を感じたことが余りなくていつも何かに不安を抱えて生きていました。

恐らく、母が凄く複雑な生い立ちをしていてその不安感が子供である私にも伝わっていたのではないかと今は自己分析しています。

そんな私ですから、人生で初めてに近い経験が沢山あって付き合い始めのデートで社会人の彼がバイトで年下の私との食事で割り勘だった事も、デートにいつも遅刻してくるのが当たり前な事も、連絡はいつも急で呼び出される事が多くても嬉しい気持ちが勝ってしまい変だなという勘に蓋をして付き合っていました。

私が社会人になってからもお付き合いが続いていたのですが、元々浪費癖があった彼は、お給料が出ても全て遣いきってしまうだけでなく欲しいものがまったく我慢できずに購入してしまうのでいつもお金が無いと言っていました。

私も社会人になってボーナスもいただくようになり貯金も少し出来ていましたが彼は、お給料日の前になると私にお金を貸してと言ってくるようになりました。

額は、3万円位でいつも次のお給料日には返却してくれるのできちんと返してくれるから大丈夫と言い聞かせていました。

しかも、いつもお金が無いと言っているのでデートの費用も私がお金があるから出すよという日も増えました。

大好きだったから彼の笑顔が嬉しくて嫌われたくなくてお金を出すのが苦じゃなかったのです。

周りの友達や会社の懇意にしてくれる先輩には、別れた方が良いと散々言われていました。

しかし、この頃彼から俺が何歳になったら結婚したいなと言われて子供の名前なども一緒に考えて盛り上がっていました。

私は、結婚するなら彼以外考えられない位彼に依存していたのでかなり嫌な予感はしていたのものの別れるという選択肢は0%でした。

またしばらく経って、彼には相変わらずデート代が無いからとお金を貸したり、おごったりしてデートをしていましたが、デート中に度々電話やメールが来るようになってその度にわざとらしく画面を見せてくるのですが男友達の名前があったので安心していました。

しかし、それからしばらくして会社での失敗で100万が必要になったとオレオレ詐欺のような言葉を言われました。

実際には、すぐに50万円なら用意できると言って渡してしまった本当におバカな私でした。

でも、実際には内緒で浮気されていてその女の子が妊娠してしまい産めないので病院へ行く代金だったのです。

それをひょんなことから耳にして本当に夜も眠れない程ショックでした。

勿論、別れたのですが数年は引きずりました。

私は、浮気相手の女の為にお金を渡していたのかとおもったら涙が止まりませんでした。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング