ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

相続で兄夫婦から恨まれています。

f:id:jzc01651:20190604215833j:plain


私の父は現在70代です。私には2つ上の兄がいます。兄は最近結婚しました。

バツイチで子供がいる女性です。本当でしたら長男である兄が今住んでいる家を相続するのですが、私の父がどうしてもバツイチ女性に家をあげたくないと言う事で父は私に相続しました。

実は私は結婚して現在マンション暮らしです。子供は2人います。

先日兄が相続のことで話がしたいと言うことで私のマンションに訪ねて来ました。

もちろんお嫁さんと子供も一緒にきました。

私が父に相続するように言ったのかと唐突に尋ねられました。私はそんな人間じゃないと言いました。

父が私に相続したいと言ったので私は譲り受けたと言いました。

それはおかしいと兄とお嫁さんに言われました。貴方はお嫁に行っているのだからもらう権利はないでしょうと言われました。

でもそれは父が私に相続したので致し方がないと思います。

どうして父に言わないで私に言ってきたのかは分かりませんが話をしていてすごく複雑な心境になってしまいました。

とんだトラブルに巻き込まれてしまったなぁと思いました。それからは兄夫婦とわだかまりを持つようになってしまいました。事あるごとに私に強く当たってくるのです。

私がお父さんにきちんと断れば良かった話じゃないと言われたのですが父が私を親権者にしたので断るも断らないも父の判断だと思ったのです。

遺産相続とはとても怖いものだなと思いました。

私は何の思いもないのですが家を父が私に相続した為に私は兄夫婦から恨まれています。

今まで仲良かった兄妹もこういった遺産相続で仲が悪くなってしまうのだなと思いました。

兄のお嫁さんは今でも私に電話をかけてきてお父さんに家をいらないからって言うようにと言ってきます。

私は父にそのことを話しました。父は兄のお嫁さんをカンカンに怒っています。

二度と実家に足を踏み入れさせたくないとも言っています。

私も本当でしたら言わない方が良かったのかもしれませんが言って正解だと思いました。

言わなければ私の身が持ちません。父に話をすることで私も気が晴れるからです。

金銭は他人の始まりと諺がありますがまさにその通りだと思います。

赤の他人が入るとお金でトラブルになりかねないからです。

私は現在実家を守っていこうと決意しました。以前までのヘラヘラした気持ちはどこにもありません。

父に譲り受けた実家ですので最後まで大切にしたいと思っています。

そして何を言われても気にしないことにしました。

スポンサーリンク

ジャルパックのお買い得!海外ツアー  

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング