ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

30代に仕事から逃げ出すように退社して貧乏になりました。

f:id:jzc01651:20190520113050j:plain


30代についた仕事が激務で、病院での物品を管理する代理店の仕事でした。


朝、8時20分には病院にいき、一通りの対応が終わり(夕方、先生がすぐ来いと言われれば行き…)それが終わると営業所に帰り、考えれないほどの伝票枚数のチェック。

その業務をたんたんとやり、終わる時間は終電手前、仮眠をするように寝て、6時には起きて、同じ作業がはじまります。

これがサラリーマンのリアルかと思いましたね。で…まあ、普通の給料で手取りも25万くらいあって、貧乏というわけではなかったんですが…そんなとき、わたしの脳裏に、おまえの実力はそんなもんじゃない、諦めるのか?そういう悪魔のささやきがあったのです。

引き込まれるように、パソコンをひらき、退職届けを書いてました。逃げたかったのです。

それなりに長く勤めたので、退職金は100万円くらいもらいました。でもそのお金は3か月くらいでほとんどのお金がなくなりました。

100万円ってなくなるんだ…その100万円をすこしでも増やそうと、競馬にも手を出してしまいました。もうバカというしかないです。

その100万円をもっている時間、ほとんどの就職活動はしなかった自分は、あせるようにハローワークにいきました。

理想が勝ち、自分の思うようなところは、まったくありません。

マクドナルドでハンバーガーを5個買って、それで昼と夜をしのぎ、粉コーヒーを飲む生活、そのマクドナルドのハンバーガーさえも買うことをためらった、6か月目の無職期間。

失業手当だけでの生活がリアルを私につきつけました。

10円の価値があれば、売ってしまった、我が家の部屋、ぎりぎりテレビと就職さがしのノートパソコンはあるものの、あとは何もない。

がらんとした部屋、前の就職のときに買ったキャリーバックもブランドの財布も、こつこつ集めたアニメのフィギュアやゲームのカセットも全部売ってしまったリアル。

はじめて味わった、これが貧乏というものか。病院勤めで、ボーナスも安定してある。

それが、何かかもを失った自分のとっては、だいぶマシな生活であると、その瞬間に気づきましたね。

そこからです。どこでもよいから、就職したいと、正社員になりたいと本腰をいれて会社をさがしました。

結局のところ、前の会社とそうそう変わらない、医療関係の代理店でかわらない作業的なことをしています。

かわらないのであれば、まえの職場でよかったと思うかもしれないけど、一回、精神的に壊れて、それから気づく、普通という大切さ、そのリアルを体感できたので、自分にとって本当に貴重な体験でしたね。2度とごめんですけど…

スポンサーリンク

新規申込みで70,000円キャッシュバック【SoftBank 光】

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング