ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

我が家は、様々な節約を行っています。

f:id:jzc01651:20190517210819j:plain


我が家は、生活費の負担を少しでも軽くするために様々な節約を行っています。


家計の支出を見直すことで様々なアイテムが出てきます。

まず、実践している事が通信費の見直しです。

通信費は、毎月必ず発生する費用で意外と大きな支出が発生しています。

通信費には、インターネット回線の利用料金や電話回線、スマートフォンの利用料金といったものがあります。

この中で通信費の割合が多いのが、インターネット回線とスマートフォンの利用料金です。

そこでインターネット回線とスマートフォンの契約の見直しを行いました。

自宅は、ケーブルテレビのインターネット回線を利用しており通信速度も最も低いものを設定していたためこれ以上見直す余地がありませんでした。

一方でスマートフォンは、毎月多くのデータ量を使うことができるプランを選んでいましたが、毎月の利用料金が家族で20,000円近い金額となっていました。

自宅では、インターネット回線を経由してWi-Fi環境があるため、スマートフォンのプランの見直しを実践しました。

データ量を使った分だけ支払うタイプのプランに見直しをした結果、これまで家族で20,000円近くの支出が発生していたのが8,000円程度まで費用低減する事が出来たのです。

データ量の利用プランを変更するだけでここまで費用を低減する事が出来たので見直して本当に良かったと思っています。

スマートフォンの利用プランなどは、自分の利用環境に合わせたプランを選ぶと支出を大きく減らす事が出来ると思います。

次に水道料金の支出低減も行なっています。

毎月、水を使う量はおおよそ一定ですが、使う量を減らすことで費用を削減する事が可能です。

我が家が実践しているのは、お風呂の残り湯をポンプを使って洗濯機に流して洗濯物の濯ぎ洗い用の水として使っています。

お風呂の残り湯は、そのまま捨ててしまうと非常にもったいないです。

お風呂の残り湯で洗濯物の濯ぎ洗いに使う事で洗濯の水の使用量を低減する事が出来ます。

洗濯機に使う水の量は、お風呂の次に多いです。お風呂の残り湯を効率よく再利用する事で、毎月の水道料金の削減が出来ます。

最後に電気代ですが、待機電力を低減するために可能な限り家電製品のコンセントを抜いています。

家電製品のコンセントが差さっているだけで待機電力が発生してしまいます。

細かな事ですがコンセントを抜いておくことで電気代を削減出来ます。

以上、我が家では様々な費用低減をして家計の負担を減らしています。

スポンサーリンク

消費者金融のアルク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング