ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

新元号の施行まで僅か

f:id:jzc01651:20190318202124p:plain


今上天皇の在位譲位がまじかに迫る中、各報道機関や新聞などでは新元号の名称についてのニュースが賑やかになってきています。
 
実は私事ながら、筆者自身の購読新聞は産経新聞になりますが、毎日配達されるその新聞の一番上の表示には「平成31年(2019年)」○月○日と記載してあります。

 しかし、報道などによりますと他の新聞の中には日付の欄には2019年としか記載されていないものもあります。

ご存知のように平成31年(平成最後の年)の平成と言うのは日本独特の元号ですが、一方、2019年というのは、いわゆる西暦年度であってヨーロッパ辺りで使用する年度に当たります。

 此の新聞の表記のみならず、筆者個人としては日本独特の年号というものを使用しないと言うのはとても残念な事と思っているのです。

既にかなり以前になりますが、現在の天皇陛下である今上天皇が在位年数の節目と健康上の理由で、いわゆる天皇自らの譲位を切望されていることがニュースなどで報じられて以来、これによって国会や有識者によって重々なる議論や検討がなされていました。
 
その結果として日本政府は最終的に次のように決められたそうです。 

それは、平成31年(2019年)の4月30日に今の皇太子殿下に天皇の位を譲り5月1日に即位することによって、改めて今の平成の元号を新元号とすることが決定したのでした。

 そして我々国民もこの新元号が如何なる名前になるか興味津々でもありますが、それに伴って心配事もあるようですね。

因みに、新元号への移る際に実際に心配される事は、例えば、先ずIT化が進んでいる今日において、ITシステムを新たに解析、処理しなければならない問題、又、旧来の元号を使ったカレンダー類や多くの手帳が新たに発行、印刷しなければならない問題、などもあるようです。

そして、この様な事を踏まえてか国民の一部には、もう、そろそろ元号という制度をやめたらいいのではとか、廃止してはどうか、という意見もあるようなのです。

つまり、今上天皇が生存のまま退位、若しくは譲位の意向を希望している事に関して、にわかに新元号が急遽話題のなること事態が、今の元号そのものが現在の世相にマッチしないと言う考え方です。

近代の元号と言うのは、周知のように明治、大正、昭和、平成の各時代でしたが、この様に漢字二文字で表記されております。

 そして、新元号の条件というものは近年の元号である頭文字が被らないようにする必要があるともされているのです。その他にも色々な条件や制限が設けられているとされます。

ところで本来、日本の元号というのは「元号法」により天皇の在位期間のみとして定められていますし、元号を新たにするには政令が必要になってくるのです。

 又、現在、一般的に使用されている西暦というのは、西欧諸国の年号であってキリストが生まれた時を西暦元年として今に到っているのです。

つまり、イエスキリストが誕生してから今年は2019年目ということになるのですね。

スポンサーリンク

独身社会人のためのカップリングパーティー

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

政治ランキング