ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

うつ病で貧乏に転落

f:id:jzc01651:20190303181516j:plain


私は24歳の時、地元のスーパーに就職しました。

鮮魚部門に配属された私は落ち度がないよう毎日朝から晩まで張り切って仕事をこなしていました。

そのスーパーは広島でも売り上げが高く従業員も魚部門だけで10人以上いました。

その中で物静かで優しい女性のパートさんがいました。その人は小学生の子供が2人持った既婚者の29歳でした。

一緒に仕事しているうちに私がそのパートさんを好きになるのにそんなに時間はかかりませんでした。

ある日、パートさんが話しかけてきました。

「旦那から暴力を振るわれていて、離婚したい」

経験が少なく、その人のことが好きでたまらなくなってしまっていた私は離婚させて、一生自分が守っていくと!決めたのです。

そこから私と彼女とその子供たちは急接近し半年後には、元旦那と離婚し私達は一緒に暮らし始めたのです。

私達は仲良く毎日を過ごしました。その当時お金は、慰謝料や養育費、結婚していなかったので市からシングルマザーの手当てが入り、お金に困ることはありませんでした。

数年後、1000万円近く貯まった時期に私達は結婚しすべての養育費をストップし新たな生活をスタートさせたのです。

その時は私は分かっていなかったのです。子供たちの教育費がどれだけかかるのかを…。

生活を始めて私達には新たに2人の子を授かりました。

子供は中学生の子2人と赤ちゃん2人の4人になり賑やかな家族になるかと思われました。

少し前から奥さんは子供を産むため仕事を辞め家にいました。

今後数年は奥さんは働く予定がなく私だけの収入でやるしかありませんでした。

しかし私の頭には貯めた1000万円の貯金があったので安心しきっていました。

しかし、仕事を続けていたある日、私は仕事の忙しさで鬱病になってしまい最終的には仕事を辞めることになってしまったのです。

しかし、まだ私の頭には貯金があるから大丈夫という頭がありました。

それから私はなかなか仕事が見つからず2年の月日が流れました。

貯めていた貯金はほぼなくなってしまったのです。

高校生になったための教育費、赤ちゃんたちの服代など月に40万必要で貯金はみるみるなくなっていったのです。

貯金がなくなった私達家族の生活は節約しないと生きていけない貧乏になってしまいました。

節約してもお金の出費は止まらず毎月の家賃や光熱費も払えなくなり滞納するようになったのです。

それは今現在でも継続して続いている状態にあるのです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

政治ランキング