ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

「七つの会議」は、まるで先が読めない企業サスペンス

f:id:jzc01651:20190301200444p:plain


この映画は、「半沢直樹」など企業を舞台とした作品に定評がある池井戸潤さんの同名小説の原作を映画化した作品です。


中堅電機メーカーの東京建電では、営業会議を開いていました。

ピリピリした空気の中で、一人だけ居眠りする人物がいました。

営業一課係長、八角です。

そして、そんな八角がある日、営業一課のエースである坂戸をパワハラで訴えました。

八角の訴えにより、坂戸は一課長の座から引きずりおろされ、代わりに原島が一課長の席に座る事となりました。

あまりにも突然の事に戸惑う原島は八角の事を調べるようになりました。

そして、原島は八角と営業部長の北川とは同期で、驚異的な数字を上げていた敏腕営業マンであった事を突き止めました。

そして、原島の動きに気がついた八角は、これ以上探ると戻る事は出来ないと忠告するのでした。

そして、注目はやはりその豪華な俳優陣です。

主人公である八角を演じた野村萬斎さんを始め、北川役の香川照之さん。

八角の動向を探る原島を演じる及川光博さんなど人気実力を兼ね備えた俳優陣を始め、鹿賀丈史さん、橋爪功さんなど、日本の演劇界、映画会の重鎮までと、その豪華な顔ぶれはまさに必見の価値ありです。

やはりこの映画の見所は、八角というキャラクターです。

冒頭のぐうたらで、だらしない印象から、深い思惑で動く時の見事な変貌ぶりです。

サラリーマンの世界のストーリーのはずが、気が付くとまるでサスペンスを見ているかのような展開に感じるのです。

そして、原島というキャラクターの人間味もまた好感が持てます。

苦労人でありなから、やがて望まないながらも、企業の闇に直面してしまうというのが、見ていて感情移入してしまうキャラクターでした。

原島役を演じた及川光博さんは、舞台挨拶で「キラキラしないように」気を付けたと発言されていましたが、映画で見る及川光博さんはやはりその存在感は強かったです。

企業の話は内容が難しく、好き嫌いが別れてしまう作品が多いのですか、この「七つの会議」は、あっという間に終わってしまった印象で、見終わった後は不思議な余韻に包まれます。

原作を読んだ事がある人も、この映画はかなりの改変がしてあるので、とても新鮮な気持ちで見る事が出来ると思います。

野村萬斎さんの、なんとも言えない不適な笑みは、スクリーンで見るとかなりの迫力で、まるで全てを見透かすような眼差しに、映画を見ながらドキドキしてしまいます。

スポンサーリンク

お名前.com

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング