ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

辻元議員の外国人献金問題

f:id:jzc01651:20190211162052p:plain


所謂政治とカネの問題のニュースが取り沙汰されるたびに、野党の著名議員から政府与党に対して「やめろやめろ」の大合唱が起こるのはほぼ確実に見られる光景です。

不正の主体が政府や与党議員でない場合もこの現象が発生しているわけですが、発生してしまった事が批判されるべき不正である以上ご愛嬌と言えるかもしれません。

とにかくその合唱に大抵の場合参加してる一人が、辻元清美議員です。

その辻元議員に関して、外国人献金を受け取ってしまったと言う重大な問題が発生したと発覚したのは最近の事で、この問題は現在を尾を引いています。

国会議員は外国人からの献金を受け取ってはいけないと日本の法律で決まっています。

この法律は政治家が有権者以外の意思や思惑、意図に動かされる事を防ぐ民主主義の根幹にかかわる規則です。

辻元議員は、普段から与党側で発覚した不正に対し悪質さも含めてそれ程重大と言えない問題に関しても舌鋒鋭く批判してきた方です。

そんな人物が自分の身に起きてしまったこの問題について、さぞや厳しく自身を罰して一罰百戒を広く知らしめる役目をこの機に負うんだろうなと多少は思ったものですが……そんな事は無かったようです。

現在の党内の役職を降りるとか、そういう処分は下されるれべるではないと判断しておられるようです。

また党首の枝野代表も辻元議員の判断を追認し、認める趣旨のコメントを発しています。

確かに、一万円程度の不正献金でギャーギャー言うな的な理屈は金額だけで言うとその通りと言えなくもないでしょう。

しかし韓国籍の弁護士と名刺交換もして、辻元議員側から外国人の献金はまずいので、別な会計処理をさせて下さいと言われたのはまずいと思います。(後援会の方に付け替えたらしい。)

またあえて振込用紙に外国人が献金してはいけない旨の注意書きがあるのに献金されては防ぎようがない、と言う辻元議員側の言い分も聞く事としましょう。

その上でなお大きな疑問が2つあります。

1年ならまだわかるけど2年続けて献金されていて防ぎようがないの?(しかも2年目はまずいと自覚して後援会に付け替え)

何でそんなに自分には甘いの?と言う点が。

与党側の不正を糾弾する時にはあそこまで激しくやっていた方々のトップの一角にも拘らず、自分の身にそれが起こった時には随分と自分の処分には消極的じゃないですか?

と言うのは、今回辻元議員に対し多くの人が抱える疑問で最も大きい物ではないでしょうか。

まあ何も処分が無ければ無いで外から下せるルールも無いわけですけどね。

しかしその場合、辻元議員が今後何らかの不正を追及する言葉を口にしたとして、何の説得力も無くなるわけです。

まあ比例制度がある限り簡単には議員の座までも失う事は無いでしょう。

ですが言葉の力を失った政治家にどんな意味が残るのか、辻元議員にはよく考えて頂きたいところではあります。

スポンサーリンク

ゴディバ

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング