ヒロニャン情報局

節約、子育て、旅行等に関する情報を投稿してます。

女子アスリート躍進の象徴は紀平梨花

f:id:jzc01651:20181210164743p:plain


12月8日に行われたフィギュアスケートグランプリファイナル女子は16歳紀平梨花選手が合計233.12点で初優勝した。

相手に恵まれた優勝かと思いきや、相手は平昌五輪の金メダリストおなじみアリーナ・ザギトワ選手です。

堂々の優勝に新女王誕生の声も高まっていますが、さらに驚くのは瞬間最高視聴率が22.6%であったこと、ちなみに人気の男子フリーでは宇野昌磨君の2位確定場面で18.7%ですから注目度が一気に集まったとの見方ができるでしょう。

もし羽生選手出場なら多少違った結果だったと思われますが、それにしても新鋭紀平選手への期待の大きさを物語っている数字であることは確かなのでしょうね。

まだ怖さを知らない年齢だけに勢いよくこのまま突っ走れるのか、それとも多くのアスリートが経験したようにいつか大きな壁にぶつかるのか、個人的にはますます期待したくなるような雰囲気を感じますし、想像以上にしっかりした芯の強さ、アスリートとして恵まれたルックス、そしてもちろん若さの魅力と応援したくなる要素は満載です。

ここ最近彼女だけに限らず多くの日本人アスリートの活躍がとにかく目覚ましい。

ニュースで他の競技を見てもバドミントン、テニス、卓球、スピードスケートetc.世界に通用する選手が目立ち、特に女子は強い人がめじろ押しです。

しかも特筆すべきは平均年齢がどんどん若くなっていくことですね。

次の東京オリンピックでも新しい顔ぶれがきっと登場するでしょうし、もちろん男子もそれに刺激を受けて。。。と日本選手団には追い風になるのではと予想できます。

まだまだ競技によっては資金的に潤わず生活との両立に苦労しているアスリートもたくさんいると聞きます。

経済的に余裕のある企業や団体の支援も合わせて期待したくなりますよね。

他のスポーツ先進国は桁違いの賞金や報酬で選手を支援していることがよくあります。

早く日本もそうなるといいなと思ってしまいます。

もちろんお金のためだけに頑張るのではない、むしろ優先すべきはその勲章なのだと言うのがスポーツの理念の1つと思います。

でも1日練習できる環境と仕事をして残った時間だけ練習するのとではあまりに不釣り合い、実際に私たちの暮らしに置き換えてもWワークで働くことの大変さを想像すればそれがどれだけの苦労かはわかりますよね。

それにしても紀平選手お見事、新しいスター誕生を素直に喜びたい気持ちになるニュースでした。

スポンサーリンク

「日本のいいもの」を集めた総合通販サイト 日テレ7ショップ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

ニュース全般ランキング