ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

リンちゃん殺害事件

昨年、千葉県松戸市で当時9歳だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが何者かに殺害されました。修了式の朝、自宅を出てすぐ、何者かに連れ去られたのです。

そして、翌日彼女の遺体は河川敷で発見されたといいます。この事件で、PTA会長の渋谷恭正(46)が逮捕された事は、とても世間を騒がせました。

それから約一年がたち、裁判が始まったといいます。驚く事に、この渋谷とゆう男、未だに黙秘を続けており、初公判で「無罪」を主張したのです。

リンチャンの体からは、渋谷容疑者の唾液などが証拠としてあがっているのに、自分はやってないと真っ直ぐに答えた模様です。

そして、なお、裁判員制度を利用して参加した、被害者の父親に対して、「親の責任で事件が起こった!」などと意見したそうです。

この事件に対して、本当に早く事件の真相が明らかになり、この渋谷容疑者が極刑になることを心から祈りました。

私にも娘がおります。9歳の女の子は、本当に可愛いさかりです。特に父親にとっては、小さいお嫁さんみたいで、彼女みたいで愛おしいと思います。

父親の会見を見ると、かなり衰弱しており、りんちゃんの為に事件を明確にする為だけに必死で生きているような感じがしました。どれだけ辛いのか考えるだけで心が痛みます。

そして、りんちゃんの父親は、渋谷容疑者に死刑を求刑するため、動画サイトユーチューブに署名を集める動画を投稿しています。

その動画には、遺体となって帰ってきたリンちゃんが棺に入れられ、おそらく特殊メイクで傷を隠したであろう姿が映されています。こんなに悲しい動画はないなと思いました。

渋谷容疑者は、何を思って今拘置所ですごしているのでしょうか。性癖の異常だということですが、あの事件の日渋谷容疑者は、一人にやけながら、リンチャンを殺害したのでしょうか。怒りしか沸いてきません。

せめて、罪を認め、両親に謝罪をしてもらいたいです。時間は戻らないけれど、渋谷容疑者の開き直ったあの態度は、ニュースでみる私たちも不快にします。

リンチャンの父親の作った署名がベトナムだけでなく、世界からもそして、第一に日本国内でもっともっと集まって欲しいな思います。

渋谷容疑者は、国籍が違うから、見下しているのでしょうか。適当に答えたら、日本の国では、自分の方が有利だとでも思っているのでしょうか。

だとしたら、「ふざけるな」と思います。一日も早い解決と決定的証拠がでる事を祈っています。そして、被害者の家族には、辛いけど生きて!と伝えたいです。