ヒロニャン情報局

ニュース、お役立ち情報、気になる事を書いていきます。

仮想通貨に未来はあるのか。

f:id:jzc01651:20180623215921p:plain


仮想通貨に関するニュースです。

昨年、仮想通貨ブームが起こり、ビットコイン元年と言われました。
2017年の後半には、ビットコインは200万円を超え、「億り」人と言われる
億万長者も誕生したそうです。

テレビでも仮想通貨取引所の CM が多く見られました。
しかし、ビットコインバブルがはじけると、投資者は減少し
2018年6月現在、ビットコインは、70万円代と大きく落ち込んでいます。

2018年当初は、ビットコインの次はアルトコイン元年と言われていましたが、
ビットコインの価格に影響を受けるアルトコインは、
その期待に反して、価格を伸ばすことなく、消滅の危機を迎えています。

有名な、経済評論家の中には、仮想通貨はなくなるだろうと意見もあります。
実際のところはどうなのでしょうか。

ビットコインを始め、仮想通貨に対する信用が薄れていることは確かです。
2018年当初は、まだ仮想通貨に期待をしている部分もありましたが、
世界中で繰り返されるハッカーによる攻撃によって、
その都度仮想通貨が盗まれる事態が起こっています。

パスワードやハードウェアウォレット(自分の手元にビットコインなどの資産を置いておける財布のような物)などの活用により防ぐことはできますが、100%防ぐことは不可能です。

仮想通貨に投資する人も、少なくなっていることは事実のようです。

仮想通貨は、実際に必要なのかという考え方もありますが、
仮想通貨自体は、将来の期待できるものです。

仮想通貨を利用すれば、送金手数料が安くなり、仮想通貨の種類によっては
無駄な用紙の記入もなくなるのです。

お金を持ち歩くことなく、電子マネーで全て支払いが済んでしまいます。
もし、このようなことが可能になれば、コストを抑え
社会全体がよりより生活に生まれ変わるはずなのです。

しかしその手軽さから、ハッカーに狙われる危険性が多くなりました。
また、仮想通貨の市場はまだまだとても少ないので、
噂のレベルですが、価格操作がされているとも言われています。

実際に、これだけ小さな市場であれば、 価格操作は
容易にできると考えられます。

仮想通貨を、個人投資家が投資をしても
勝てる確率は、低くなっている事も、投資者が少なくなる要因です。

仮想通貨の価格は、市場の拡大により上がると言われていますが、
消滅する危険性も出てきました。

日本は仮想通貨に力を入れている国であり、仮想通貨の発展は日本の発展にも繋がるはずです。

そういった意味では、仮想通貨の成功は日本にとって必要なものかもしれません。

仮想通貨の未来を考えるならば、仮想通貨のルール作りをいち早く
決めなければ、消滅する危機をさらに高めることになるでしょう。
仮想通貨の価格の安定が、仮想通貨の成功につながるはずです。